安くて安心して頼める業者はこう探せ!!シロアリ駆除の費用まる分かりナビ

業者の駆除費用やシロアリに関する知識がまる分かり!

安心・実績ありのリーズナブルな業者を徹底比較 大手シロアリ駆除業者の費用比較ランキング安心・実績ありのリーズナブルな業者を徹底比較 大手シロアリ駆除業者の費用比較ランキング

シロアリ駆除の費用・料金まる分かりナビ » 【保存版】シロアリ駆除の業者選びとお金を知る! » 費用の違いは何?金額は何で決まる?

費用の違いは何?金額は何で決まる?

シロアリ駆除にかかる費用について紹介しています。シロアリの種類・建物の構造・被害の程度・駆除方法など状況によって駆除費用が異なるため、これからシロアリ駆除を依頼したいと考えている人は確認しておきましょう。

シロアリの種類による駆除費用の違い

国内で見られるシロアリは約20種類います。そのうち、建物に被害を与えるシロアリで要注意とされているのがヤマトシロアリ・イエシロアリ・アメリカカンザイシロアリです。国内で最も多いシロアリの被害はヤマトシロアリによるもの。他のシロアリと比べて駆除方法が確立されているため、駆除費用が安くなるケースがほとんどです。

イエシロアリは建物を食い荒らす食害のスピードが早い傾向にあります。そのため、被害が広範囲におよびやすく、駆除費用が高額になるため要注意です。

安くても実績豊富、安心して依頼できる大手シロアリ駆除業者はこちら

建物の構造による駆除費用の違い

シロアリ駆除にかかる費用は、建物の構造によっても異なります。シロアリ駆除費用は、坪単価もしくは1平方メートル単価で計算されます。

一般的なシロアリ駆除費用は、坪単価5,000円から9,000円程度が相場。

木造住宅の場合はシロアリに侵入されやすい一方で処理自体は簡単。ただし、木部と地面両方に駆除処理をしなければならないケースもあり、費用が高くなることが。また、コンクリート造の建物でも、劣化がひどくシロアリがひび割れの奥深くに侵入してしまっていれば、シロアリ駆除の作業は複雑&困難に。そうなれば、駆除費用がかさんでしまいます。加えて、木造住宅は白愛の被害が入りやすいため、駆除だけでなく、その後の駆除費用がかかるケースも。

ただし、コンクリート造や鉄骨造りだからといって、駆除費用が木造住宅よりも安くなるとは一概には言えません。

床下に入りにくい構造だったり、被害の範囲・深さが広かったりする場合は高額になることもあるので注意しましょう。

ここで木造住宅の場合の見積もり例を見てみましょう。

2階建木造住宅、21坪、浴室周辺にシロアリ被害があった場合

このケースでは、床下のシロアリ駆除工事が15坪分必要になりました。坪あたりの駆除工事単価は約7,000円。

合計で11万円程度の駆除費用がかかりました。

駆除費用の見積もりは、具体的な駆除方法、範囲などによって異なります。見積書を出してもらう際には、計算方法をチェックして、どんな駆除作業をするのかを確認しましょう。

被害の程度による駆除費用の違い

シロアリ被害は放っておけば柱など建材の奥深くまで、食い荒らされてしまい、駆除費用が高額になってしまいます。

シロアリの駆除方法にはシロアリが地面から侵入しないように薬剤でバリアを作る工法や、建物周辺にシロアリを駆除するための毒入り餌を埋設し、巣ごと駆除する工法などがあり、どの方法を採用するかは被害の程度によって変わります。

被害が深刻に広がり、薬剤散布だけでなく床・壁の張り替え、廃材撤去などが必要になれば当然追加費用がかかります。

また、外壁の割れ目部分からシロアリが侵入し、壁内部の木材だけでなく断熱材も食害した場合、断熱材の入れ替えまで必要になるかもしれません。

シロアリは、放っておけば行動範囲が広がり、どんどんと家を食い荒らしていきます。木材だけでなく発泡スチロールも餌になってしまいますから、対策は早めが吉。

節約しようと、予防や点検のお金をケチってしまえば、後々高額なシロアリ駆除費用がかかってしまうこともあるのです。

駆除方法によるの駆除費用の違い

作業方法による違い

シロアリ駆除の作業方法には、床下の土壌にシロアリ薬剤を散布して駆除・予防する土壌処理と、土壌に近い部分の建材に薬剤を注入する木部処理があります。作業方法によって技術が必要な場合があり、作業時間もそれぞれ異なるため費用が変わるのです。

使用する薬剤の違い

シロアリ駆除は土壌や建材に対して薬剤を散布するのがほとんどです。使用する薬剤にさまざまな種類があり、業者によって薬剤は異なるため駆除費用が変わります。安価で品質の悪い薬剤や人・ペットの体に悪影響をおよぼす可能性がある薬剤を使用している業者もいるので要注意。適切な薬剤を使用しているかどうか、駆除費用が相場よりも極端に安い金額の場合は疑った方がいいかもしれません。相場から見て格安な場合は、必ず使用薬剤について予め確認しましょう。

費用対効果を考えるなら業者に依頼するのがベスト

シロアリ駆除の方法は、建材や土壌に薬剤を散布する方法が基本です。そのため「自分でもできそう!」と感じる方もいるかもしれません。ただし、シロアリ駆除は巣の場所や被害箇所の点検・確認から始まり、土壌処理、木部処理まで一通りしなければなりません。万が一、シロアリ駆除箇所を一つでも漏らしてしまえば、再びシロアリが発生することも多いにあり得ます。また、専門家によっては「イエシロアリにはベイト工法がいい」というように、シロアリの種類によっても適した工法があることを指摘している方もいます。なかなか自分の家に発生したシロアリがどの種類なのかを見分けるのは困難。

装備を整えて、床下に潜って処理をする際に、薬剤使用を誤れば、作業した方の健康に害が出ることも絶対ないとは言い切れません。

適切な駆除方法を選択し、確実にシロアリを退治したいと思うなら、費用対効果の観点からも専門業者さんに相談・依頼した方が結果的に早く・安く済むことがほとんどです。結局のところ、効率的かつ専門的な駆除を行う専門業者さんに依頼するのがベストなのです。

安心・実績ありのリーズナブルな業者を徹底比較 大手シロアリ駆除業者の費用比較ランキング安心・実績ありのリーズナブルな業者を徹底比較 大手シロアリ駆除業者の費用比較ランキング