安くて安心して頼める業者はこう探せ!!シロアリ駆除の費用まる分かりナビ

業者の駆除費用やシロアリに関する知識がまる分かり!

安心・実績ありのリーズナブルな業者を徹底比較 大手シロアリ駆除業者の費用比較ランキング安心・実績ありのリーズナブルな業者を徹底比較 大手シロアリ駆除業者の費用比較ランキング

シロアリ駆除の費用・料金まる分かりナビ » 【保存版】シロアリ駆除の業者選びとお金を知る! » もし詐欺にあったら相談!クーリングオフ!

もし詐欺にあったら相談!クーリングオフ!

悪質なシロアリ駆除業者の被害にあってしまった場合の正しい対処法についてお教えします。クーリングオフの利用や専用窓口への相談など、困った時の手段を確認しておきましょう。

実績豊富で信頼できるリーズナブルな大手シロアリ駆除業者を徹底比較しました

消費者の味方「クーリングオフ」を利用

「契約書に印鑑を捺したら、取引が成立してしまうので、どちらか一方から勝手に解除することはできない」というのは、一般的には正しい解釈です。

しかし、それが通用するのはあくまでも公平な契約の場合のみ。訪問販売のように突然訪ねては無料点検と言って家に上がり込み、「今すぐ工事しないと大変なことになる」と不安にさせて結んだ契約は、公平な契約とは言えません。とても大切なことですから、契約を結ぶ当事者双方が対等な理解をもっていることが、契約の大前提なのです。

アポイント無しにいきなり訪問してきて契約させる「訪問販売」には、特定商取引法に定められた「クーリングオフ」制度が適用されます。クーリングオフ制度は、契約をしてしまった後でも一定期間は消費者側から一方的に契約を解除できる制度のこと。

強引な訪問販売で押し切られて契約してしまったが、よく考えたら必要ないものだったという場合に消費者を救済する目的で作られました。シロアリ駆除の訪問販売では「契約書を取り交わした日から起算して8日間が、一定期間にあたります。

シロアリ駆除の場合は工事の前でも工事が既に終わってしまってからでも、この期間内であればクーリングオフは可能。費用を取り戻すことができます。

内容証明を送ろう

クーリングオフを利用するうえで知っておいてほしいのが、「内容証明」という手段です。内容証明とは郵便局が行なっているサービスで、一般書留郵便物を誰から誰に宛てて差し出されたのかを証明してくれる制度のこと。

この制度を利用して、クーリングオフ期間内なので返金してほしいといった旨を記載し、郵送しましょう。これが公的な証明書となり、「いつ送った」「届いていない」などの押し問答を避けることができるのです。

ただ、かなり悪質なシロアリ駆除業者の中にはクーリングオフを避けるために契約書を作っていなかったり、電話で居留守を使ったりなどの対抗策を講じてくることもあります。そのため、内容証明を利用する際は必ずコピーを取ってから送るようにしてくださいね。

クーリングオフ期間を過ぎてしまった時は日本しろあり対策協会へ

クーリングオフ期間が過ぎたとしても、あきらめないでください。悪質な内容の契約であれば解除することが可能です。

契約解除の対象となるのは、シロアリ駆除業者の工事が明らかに不要であったり、不適切または高額過ぎたりする場合。それを証明するために、他の良心的なシロアリ駆除業者による再検査が必要になります。契約解除や再検査の相談先には「社団法人日本しろあり対策協会」やその支部、または各地の「しろあり防除協会」を選びましょう。必ず力になってくれますよ。

安心・実績ありのリーズナブルな業者を徹底比較 大手シロアリ駆除業者の費用比較ランキング安心・実績ありのリーズナブルな業者を徹底比較 大手シロアリ駆除業者の費用比較ランキング