安くて安心して頼める業者はこう探せ!!シロアリ駆除の費用まる分かりナビ

業者の駆除費用やシロアリに関する知識がまる分かり!

安心・実績ありのリーズナブルな業者を徹底比較 大手シロアリ駆除業者の費用比較ランキング安心・実績ありのリーズナブルな業者を徹底比較 大手シロアリ駆除業者の費用比較ランキング

シロアリ駆除の費用・料金まる分かりナビ » 【保存版】シロアリ駆除の業者選びとお金を知る! » シロアリ駆除費用を控除できる?

シロアリ駆除費用を控除できる?

シロアリが発生した時には多くの費用がかかります。しかし国の法律によって税金控除の対象になり、その後の出費を抑えることが可能に!ここでは知らないと損をするシロアリと税金の関係をお教えします。

安くても安心!実績豊富でリーズナブルなシロアリ駆除業者を徹底比較!

シロアリ駆除と税金控除

税金とシロアリとは一見何の関係もないように思えますが、実はシロアリによって受けた被害は「災害」にあたるため税金控除の対象になるのです。

シロアリが発生した時にかかった駆除・修繕費用は、所得税法第9条の「害虫やその他の生物から異常な災害を受けた際」に当てはまります。シロアリの被害を受けた時、元の状態に戻すだけではお金がかかりますが、税金控除のことを知っていれば必要な申請を行い、負担を軽くできますよ。

雑損控除の対象は家や衣類などの生活に必要な資産

災害や盗難など予想できない事態が原因となって資産が損害を受けた時に受けられる所得控除制度のことを「雑損控除」といいます。控除を受ける際の条件として家や家具、衣類など生活するのに必要な資産が損害を受けた場合に限られているので、高価な貴金属や骨董品、別荘は対象になりません。

また、あくまでも「予想できない被害を受けた時」が対象になるため、予防のためにかかった費用は控除の対象になりません。特に注意したいのが、駆除と防止対策を同時に行う場合。領収書を明確に分ける必要があるので、対応してくれる業者へ事前に伝えておきましょう。

雑損控除でどれだけ減額されるか計算する方法

実際にどのくらいの費用が控除されるのでしょうか。

計算するにあたり必要になるのが「損失額」。シロアリの駆除と家の修繕にかかった費用の合計額を指すものです。

損失額の出し方

シロアリ駆除にかかった費用+家の修繕にかかった費用

さらに保険金で一部費用が補てんされた場合には、損失額から引くことで、被害者が実質的に負担した費用にあたる「差し引き損失額」がわかります。

差し引き損失額の出し方

保険金で補てんされた金額-損失額

雑損控除の計算式には2つあり、数が多い方が控除できる額となります。ここからはとある計算例を見てみましょう。

計算例

A:駆除にかかった費用 10万
B:家の柱やふろ場などの修繕費用 30万円
C:保険で補償された金額 10万円
D:総所得 300万円
A+B=損失金額
雑損控除の計算方法A

(損失金額)-(保険などから保障された金額)-5万円

40-10-5=25万円

雑損控除の計算方法B

(損失金額)-(保険などから保障された金額)-(総所得×10%)

総所得が300万円の場合で考えると、以下の式になります。

40-10-30=0円

※30=300×10%

この例で考えると、計算方法Aの方が高くなったので、雑損控除は25万円です。

サポートが得意な業者に頼むと雑損控除の申請がラクに!

シロアリ被害を受けた後に控除を受けるためには、確定申告の際に必要書類を揃えて提出して申告を行う必要があります。

必要書類

※被害を受けたことの証明書も必要になるケースもあります

※1・・・会社員の場合

注意点

年末調整では、雑損控除の申請はできません。確定申告は自ら行う必要があります。

もし申請や必要な領収書を揃えるのが難しいのであれば、雑損控除の申請サポートまで行ってくれるシロアリ駆除業者を選ぶのがいいでしょう。

安心・実績ありのリーズナブルな業者を徹底比較 大手シロアリ駆除業者の費用比較ランキング安心・実績ありのリーズナブルな業者を徹底比較 大手シロアリ駆除業者の費用比較ランキング