安くて安心して頼める業者はこう探せ!!シロアリ駆除の費用まる分かりナビ

業者の駆除費用やシロアリに関する知識がまる分かり!

安心・実績ありのリーズナブルな業者を徹底比較 大手シロアリ駆除業者の費用比較ランキング安心・実績ありのリーズナブルな業者を徹底比較 大手シロアリ駆除業者の費用比較ランキング

シロアリ駆除の費用・料金まる分かりナビ » 【基礎編】シロアリ駆除を知る! » シロアリの薬って安全?

シロアリの薬って安全?

シロアリを駆除する際に必要不可欠なのが、薬剤です。実際に用いられている薬剤の名称や安全性について、見ていきましょう。

シロアリ駆除剤の危険性

駆除剤は現在、環境や安全面を考慮し、植物由来の駆除剤の開発も検討されています。しかし生物を確実に駆除する目的があるため、最も効力の高い成分を使う必要があります。シロアリ駆除に使われる薬剤もすべて毒性を持っているので、使用方法や使用量をきちんと守らないと人体に影響を及ぼす危険も。

取り扱い方を十分に理解すれば一般家庭でも駆除は可能ですが、危険性を考えると、やはり専門知識を持った業者に委託するのが安全と言えます。

シロアリ駆除に使用される薬剤

ネオニコチノイド系

シロアリ駆除として最も一般的なもので、市販の製品にも含まれています。人体への影響は小さく、昆虫に対して毒性を発揮するので、安全性の高い薬剤と言えます。しかし、有機リン系の物質と併用した場合は頭痛や湿疹などが生じる危険性も。また胎児の脳発達に影響を与える説もあり、なるべく少量・単独で使う必要がある薬剤です。

カーバメイト系

カーバメイト系は殺傷力が高く、殺虫だけでなく人体にも毒性がある薬剤です。換気を十分に行い、使用しましょう。また、マイクロカプセル化した薬剤として販売されているため、子どもが誤って飲むことがないよう注意が必要です。

フェニルピラゾール系

フェニルピラゾール系は殺虫効果が極めて高い薬剤です。効力は長期的で緩やかに作用するので、特にシロアリの巣に対して効果的。魚類や豚・牛などに対しても毒性が高くなるので、台所・屋外で使用する際は用法・用量を守って使用しましょう。

現在は安全性の高い天然成分の駆除剤が主流

ヒノキチオール系

天然のヒバに含まれるヒノキチオールは抗菌性があり、カビ・湿気のある場所を好むシロアリを寄せつけなくする効果があります。木の香りなので、匂いを嗅いでも人体に影響は無し。ただし、強い殺虫効果はないので、シロアリ予防向けと言える薬剤です。

ピレスロイド系

ピレスロイド系は菊に含まれた「ピレトリン」を化学合成した薬剤です。蚊取り線香にも含まれている成分が配合されており、持続効果が期待できるところもポイント。ただし、植物由来の成分のため、アレルギー反応による喘息が起きる可能性も。自身の体質を考えたうえで、使用を検討しましょう。

シロアリ予防に使われる薬剤の特徴と問題点

大切なマイホームに、シロアリによるダメージは避けたいですよね。しかし、住宅の特徴や使用材によっては、シロアリ駆除が必要になることがあります。住宅や建物にも耐用年数があるように、シロアリを寄せ付けないための予防にも持続効果が期待できる期間があります。

一度駆除すれば済むわけではないシロアリ駆除や、予防に関係する専用の薬剤には、どんな特徴や問題点があるのか解説していきます。

シロアリ駆除や予防に使う薬剤の問題点

住宅の保護にもなるシロアリの被害のための予防は、シロアリ駆除と同様に安全性や効果を考えなければなりません。

シロアリ駆除の専門となる「公益財団法人日本シロアリ対策協会」では、駆除や予防用に使用される薬剤に、200種類を超える認定品が用意されています。素人では、どれが最適な薬剤が見分けることが難しいかもしれません。

駆除や予防には薬剤が使用される

木造建築であれば、住宅を建てる時点で建築基準法が適用され、構造耐力上主要な柱や筋交い、土台部分に、地面から1メートルの範囲で、 有効なシロアリ対策をとらなければなりません。

以前から適用されていたシロアリ対策としては、神経毒性のある農薬系有機薬剤が使用されてきました。しかし、近年の建築基準法の改正により、「クロルピリホス」と呼ばれる5年以上の効果が期待できるもの、30年以上効果が持続する「クロルデン」いった薬剤が使用禁止となっています。

そこで、その代替として、合成ピレスロイド系、または、ネオニコチノイド系の薬剤が使用されています。これらの薬剤は、胎児への影響が懸念されているので注意が必要ですが、シロアリ被害を抑制するために使用可能な薬剤となっています。

薬剤散布法は即効性がおすすめ!

シロアリ駆除には、薬剤散布法が一般的に使用されています。床下の異変に気が付き、シロアリを発見したというときには、すでにシロアリによる被害が広がっています。早急な対処方法が必要な場合には、即効性の効果が期待できる薬剤散布法が一般的な駆除方法です。

この施工方法は、住宅の床下にもぐりこんで、シロアリの巣に根絶するために直接散布します。薬剤の散布の場合には、薬剤の被害から身体を守るため、作業する服装に注意しましょう。長袖や長ズボンでしっかりと保護した状態で作業にあたり、防毒マスクや防護メガネ、軍手(手袋)も必要です。

さらに、床下にはシロアリ以外の害虫も潜んでいることがあります。保護と安全を考えた作業を進めましょう。

シロアリ駆除のポイントは薬剤選び

シロアリ駆除は、シロアリによる被害状況はもちろんのこと、お住まいの構造によっても異なります。もし、散布する方法や駆除に使用する薬剤が適正でない場合、駆除どころか被害を広げてしまうことにもなりかねません。シロアリ駆除や予防に使用される薬剤は、何百種類にも生産されており、認定品だけでも約200種類あります。

一口に「シロアリ駆除」といっても、お住まいに被害をもたらしているシロアリは、数種類存在し、日本列島でも地域によって異なります。そのため、完全に駆除しようとするなら、それぞれのシロアリに合わせた薬剤と駆除方法が必要といえるでしょう。

素人ではわかりにくいシロアリの駆除方法に合わせた薬剤選びは、大きく分けて3種類あります。それぞれの方法や特徴、さらにお住まいのある環境や被害状況に応じて、最適な薬剤を選ぶことがポイントになるでしょう。

忌避効果を求める方法

シロアリが避けていくようにする、つまり薬剤により嫌がって近寄らないようにするのが忌避効果です。

速効性と遅効性によって使い分ける方法

即効性薬剤を使用するのは、殺虫効果のある薬剤によってシロアリを駆除する場合です。遅効性薬剤を使用するのは、時間をかけて女王アリと巣、集まってしまったシロアリを壊滅させる場合です。

食毒VS接触解毒

シロアリ駆除の薬剤は、2種類の駆除効果から選択します。ひとつは、食毒により駆除を行う方法で、「シロアリが薬剤を食べること」で体内に吸収させて駆除する方法です。接触解毒の場合は、散布したり塗布したりして、シロアリに薬剤がかかり接触することで駆除効果を高めます。

■毒性の高い薬剤には要注意
シロアリを寄せ付けない、シロアリや巣を壊滅させるという目的のために使用されるシロアリ駆除剤は、殺虫剤ですから毒性があります。一部の薬剤には、人体にもペットにも影響を与える毒性が含まれているので注意が必要です。影響を受けた場合の症状は、頭痛やめまい、目やのどの痛みなどのがあります。

薬剤の持続効果は最長5年

現在、木造建築用のシロアリ駆除に使用される薬剤には、「アレスリン」「イミダクロプリド」「シプロコナゾール」などがあります。それぞれの薬剤は、持続効果は最大で5年間とされています。また、5年ごとに再駆除、再施工により、お住まいをシロアリ被害から守るために予防や対策を継続することが必要です。/

住宅の構造でもシロアリ駆除が異なる

シロアリ駆除の費用は、プロのシロアリ駆除の施工業者かDIYで行うか、シロアリの種類や薬剤の種類だけでなく、お住まいの家の構造によってシロアリ駆除作業も異なります。

住宅の建築構造によっても違いがでる

注文住宅や高級住宅に多い外断熱工法や床下蓄熱工法の場合は、省エネ効果が高い住宅です。これらの建築工法では、建築基準法で定められたシロアリ駆除の薬剤が散布されています。また、共通事項として床下スペースの気密が高く、断熱効果にも優れた住宅になっているため、高気密、断熱効果が高く、身体への影響が少ないのも特徴です。

再処理が困難な高級住宅の壁

5年ごとに再駆除を必要とするシロアリ駆除の薬剤も、グラスウールなどの断熱材などの壁内部は施工が困難です。同様に床下も断熱工法の場合は処理が難しいことがあるでしょう。

シロアリ駆除においては、シロアリの種類と共に駆除用の薬剤を見極めることも必要です。シロアリと薬剤により、対処方法も変わってきます。完全に駆除ができないと、被害が広がることもあるので注意が必要です。

ある程度の効果が期待できるDIYによるシロアリ駆除も、メリットやデメリットを考えながら進めていくことが大切です。

安心・実績ありのリーズナブルな業者を徹底比較 大手シロアリ駆除業者の費用比較ランキング安心・実績ありのリーズナブルな業者を徹底比較 大手シロアリ駆除業者の費用比較ランキング