安くて安心して頼める業者はこう探せ!!シロアリ駆除の費用まる分かりナビ

業者の駆除費用やシロアリに関する知識がまる分かり!

安心・実績ありのリーズナブルな業者を徹底比較 大手シロアリ駆除業者の費用比較ランキング安心・実績ありのリーズナブルな業者を徹底比較 大手シロアリ駆除業者の費用比較ランキング

シロアリ駆除の費用・料金まる分かりナビ » 【基礎編】シロアリ駆除を知る! » シロアリ駆除は何年おきにやるの?

シロアリ駆除は何年おきにやるの?

数年前にシロアリ駆除をやったけど、そろそろ保証期間が切れるころ。最近それっぽいアリを見たし、もしかすると薬剤の効力がなくなってきている?

そんな疑問や悩みを抱えている人へ、「シロアリ駆除は何年おきにすべきなのか」をまとめてみました。

シロアリの駆除は何年おきにすべきなの?

結論から伝えると、5年ごとに行うのがベストです。日本しろあり対策協会でも5年ごとに駆除剤をまきなおすことを推奨としています。

理由はシロアリ駆除に使われる薬剤は5年間使用で作られているため。それ以上の年月だと薬剤が意味を果たしていない可能性が高いのです。

どうせならずっと使える薬剤を開発して欲しいところですが、5年を目途に作られているのには理由があります。

なぜ5年を目途に作られているかというと、環境に大きな影響が出ないよう、自然に分解される薬剤を使っているためです。過去にシロアリ駆除の薬剤が環境問題に発展したことがあり、ペットや植物、小さな子どもへの悪影響が懸念されていました。強い薬剤はシロアリを防ぐこともできるが、そのほかへの影響も強すぎる。そのため、現在の薬剤は環境に悪影響が出ないように数年かけて自然分解されるような地球にも人や動植物にも優しい薬剤が使用されているのです。

結果、分解されきってしまうと効力がなくなってしまうため、5年をめどに再度シロアリ駆除・予防を行うことが推奨されています。

本当に対策は必要なのか?

5年ごとに必要と推奨はされていますが、多くの人が、

「本当は必要ないんじゃないか?」

「我が家は新築だし新しい土地なのでシロアリは発生しにくいので大丈夫だと思う」

と、5年おきのシロアリ対策をせずに放置しています。

もちろんシロアリ対策をしていないと必ず被害にあうわけではありません。シロアリが発生しにくい環境で周囲の家もシロアリの被害が出ていなければ、もうしばらく放置していても大丈夫かもしれません。

けれど、国土交通省が提供している「シロアリ被害実態調査報告書」によると、日本では5軒に1軒の割合でシロアリ被害が起きていると報告されています。確率でいうとシロアリの被害は20%とかなり危険性が高いと考えられます。

新しい家は壁がきれいにコーティングされているため、見た目にはわからないですが、壁をはがしてみるとシロアリのせいでスッカスカになっていた…という被害を受けた人も少なくありません。特に古い家をリノベーションで改築した場合は要注意です。外見はきれいに整えられていても、中はシロアリがすでに住みついておりすぐに食い荒らされてしまうことも。

「完全リノベーションできれいな家を購入しましたが、1年もたたないうちに畳間が陥没するという事件がありました。小さい子ども同士のけんかで、そこまで大きな衝撃は起きないはずなので、畳をはがして見てみると、木の板が割れており畳の裏にはシロアリが食べ進んだような筋がいくつにも張り巡らされていました。」

といった口コミも上がっております。一度浸食されると被害がどんどん広がるので、最初の防止が重要です。できるだけ5年ごとの再処置は行っておきましょう。

再処置を行わないとどうなるのか

再処置の必要性を知っていてもお金がかかると考えると動けないのが人間です。さらに必要性を感じるためにも、シロアリに浸食されてしまった被害をいくつか紹介します。

釘を打ち付けようとしたら穴が…

子ども部屋の壁に釘を打ち付けようとすると、一発で壁に穴があきました。確認してみると柱の中は空洞!中古物件で買ってまだ2ヵ月だったので、売主の責任だろうと思っていたら、見えないところは補償外と言われてしまい、結果自分で修正を行いました。シロアリのせいでとんだ修正費用が発生してしまいかなりショックです。

築7年の家がやられました

垣根の棒がシロアリにやられました。駆除業者に見てもらったところ、床下は問題なかったので家自体はまだセーフで、庭がシロアリ被害にあっています。これ以上被害を広げて家がボロボロになるのは困るので、業者に駆除を依頼しようと考え中です。

浴室でシロアリを発見

ある日浴室で羽アリを見つけました。外から入ってきたんだろうなとだけ思って放置していたのですが、その後連日で見かけるように。しかも日に日に増えていきます。そこで風呂場を捜索してみると、脱衣所の隅にびっしりと生きたシロアリが…。ここで外からでは無く、家の中にシロアリがいると分かりました。家を建てたときに薬剤処理をしたのみで、再処理を行っていなかったことをこの時悔みました。駆除と修繕で合わせて50万円もの出費に。今後は逐一やっていこうと思います。

外壁のひび割れからシロアリ

ひび割れを発見したので、外壁のリフォームをすることに。新築で建てて20年が建っていましたが、リフォームをするのは初めて。いろんな痛みが見つかった時にカビや苔も発見。もしかするとシロアリもいるかもしれません。と業者の人が言っているのをまさかと思いながら調べてみるとシロアリも発見。家のひび割れもこのアリが関係していたのかもしれません。

シロアリ被害を止めるためにも5年おきに

シロアリが発生してしまえば被害は広がり、家をボロボロにされてしまいます。被害が起こる前に予防をしておくことで、余計な修繕費を払う必要もなくなり家を安全に保てるでしょう。

「面倒くさい」「お金がかかるから」とあきらめるのは簡単。あきらめた分の手間は未来の自分や家族がこうむります。そうなる前に今の家がシロアリ駆除をしてから何年がたっているのか把握するところから始めてみてもよいかもしれません。

駆除を自分でできんない場合は業者に頼もう

シロアリ駆除は自分で薬剤を購入して行うこともできますが、慣れていな人は駆除業者を頼りましょう。暗闇の床下に入っての作業は思った以上に危険なものです。害虫がいることもあれば、動物の死骸が出ることも。海外ではその危険性から専門業者以外の素人がシロアリ駆除を行うことを禁止ている国もあります。

また素人では、シロアリを効果的に対策できるかどうかも微妙なところ。確実にシロアリ対策をするなら業者に任せたほうが無難です。

安心・実績ありのリーズナブルな業者を徹底比較 大手シロアリ駆除業者の費用比較ランキング安心・実績ありのリーズナブルな業者を徹底比較 大手シロアリ駆除業者の費用比較ランキング